ダブルハート

性的マイノリティ:多重恋愛

呆れた自信過剰男

元カレに会いました。
電話がかかってきて、呼び出されたの。
来なきゃ家に押しかけるってね。脅迫。


しぶしぶ会って彼の車に乗り、ドライブがてら話を聞いたら、
元カレにはストーカー行為をしてるって自覚なし。
あれだけ、電話は迷惑、会いたくないと言っていたのに、
天邪鬼な私だから、ほんとは元カレのこと気にしてるんだって、
勝手に都合よく考えていたらしい。
げげっ!もう呆れたのなんのって…。


で、ホテルへ行こうとしたから断ったのに、
強引にホテルの駐車場へ止めようとする。
もちバックしてスピードを緩めたときに車を降り、逃げ出した。
車で追いかけてきた彼に、
公園駐車場で話をするだけと言う約束をして、再び車に乗り、
近くの公園駐車場で話。


はっきり言いました、貴方には2度と抱かれたくないと。
こやつはきついこと言わなければわからないと思って、
気持ち悪いから、と言う理由つけてね。


元カレは心底思っていたらしい、
あれだけ愛し合った自分たち、あの私の身体の反応、
私が元カレを嫌いになるなんてことないはずだって。
純粋なのか、単なる間抜けなのか、開いた口が塞がらないとはこのことね。


人は成長するし、人の心も変わる、状況だって変化する、
それを何年前のことを言い出すのか!


ともかく話をするのはいいけれど、ほんとは顔も見たくない、と
ずっと顔もそむけてました。
そしたらやっと私の気持ちを理解してくれたようで。


それでも最後の思い出作りにと、もう1度ホテルに誘われた時は、
心底ゾクッとしちゃった。
私が後悔するよ、だって。
はいはい、後悔してるわよ、半分脅されたとはいえ、こうして会っちゃったことを。
鳥肌が立つ、と言って断ったら、ようやく家の近くまで送ってくれて、
バイバイ~。


あれだけきついこと言ったんだもん、もう2度と連絡してこないよね。
しかし、会いたくない、電話するなって言ってるのに、
それを逆にとるってありえないと思わない?


世の中のストーカーは、この元カレのように
彼女のことを自分に都合よくしか考えてないんでしょうね。


とは言っても、元カレのこと、嫌いにはなれないんだから、
私もしょうもない女なのかな?
だってさ、一時期であるにしろ、昔愛したことは確かなんだもん。
過去は過去にしか過ぎないけれど、その過去まで打ち消したくはないよ。


まぁこれでジ・エンド。もう煩わされることはないでしょう…。