ダブルハート

性的マイノリティ:多重恋愛

ホタッテちゃん

「淫乱こぶた」「名器」
自分で書いていながらかなりどぎついなぁ、なんて思ったけど、
私の性的マイノリティを説明するには外せないことだと思ったから、
あえて載せました。


まぁ二つの記事からわかるように、
私は真面目な顔して、かなりいやらしい~厭らしいです。(笑)


その他に、私を説明するのに外せないこと、
それは一般的な女性と違って、
ほとんど妬きもちを妬かないホタッテちゃんだと言うこと。


自分が多重恋愛者なので、彼に妬きもちを妬くことは矛盾してると思うし、
彼を束縛したくはありません。
彼に望むこと、それは、
一緒にいるときは、目の前にいる私だけを想ってほしい
と言うこと。


私と一緒にいない時間は、彼は彼で自分の好きなように過ごせばいいと思うの。
趣味に没頭してもいいし、他の女性とベッドを共にしてもいい。
自分のしたいことをする、それは彼にとって幸せなことであり、
彼を想う私にとっても幸せなこと。
だって彼には、私の知らないところであっても、
笑顔でいてほしいと思うじゃない?


と同時に、私も束縛されたくない。


時々いるでしょ、彼女の予定をすべて把握したがる男。
それって、彼女を自分の思い通りにしたい、と言う幼児的思考だと思うの。
お気に入りのおもちゃは誰にも触らせたくないし、
自分一人だけのものにしたい、
それと同じ。


私は私、だから自分で考えて行動する、
私の行動すべてを把握しようだなんて、ストーカーじゃあるまいし。


で、私が不可解なのは、某社の宣伝文句じゃないけれど、
おはようからおやすみまで、メールやラインをほしがる女性。
はっきり言って面倒。メールやラインで監視されてる気分だしね。


メールなんて、いつでも手が空いた時に読んで返信すればいい、と言うアイテムだし、
ラインだって似たようなものでしょ、
なのに、返信がないとか、既読スルーされたとか、
阿保らし、と思っちゃうのです。
あの心理がよくわからん…。


だから連絡したいこと、しなければならないことがあれば、ちゃんとするから、
それまで自由にさせてほしい。
気が向いたときはメールするけど、
基本放っておいてほしい私は「ホタッテ」ちゃんというわけです。(笑)


こんな私は、脳内男、なのかもね~。